ボディランゲージ

口をつぐむ仕草に隠れたボディランゲージ

あなたは口が堅いだろうか。

信用できるかどうかわからない人に隠し事や秘密を打ち明けるとき、人はひと言確認を取ったうえでその事実を話すかどうか決めると思うが、口が軽い人の中には言ってはいけないことや言わないでほしい」と言われたことほど誰かに話したくなる人もいるものである。

一度も当たったことがなかった宝くじで1億円当たったら?
競馬で500円が1000万円に化けて返ってきたら?
夢みたいに綺麗な女性と付き合えることになったら?
一生に一度できたらいいと思っていた買い物ができた瞬間は?
なかなかできなかった子宝に恵まれたことがわかった瞬間は?

黙っている人もいれば、誰かにその事実と喜びを話さないと落ち着かない人もいることだろう。

ただ、これはあくまで良いときの話で今回の内容は逆のケースである。

人は知っていても言えなかったり、言いたいことがあるのにそれを我慢しているときに口をつぐむ仕草をすることがある。

目は一点を見据え、適度な瞬きに加えて考え事や何かを思い出しているかのような表情を見せ、特に自分がそれを口に出すことで、後に出る影響が本人自身もわかっている場合にこの仕草が出ることがあるのだ。

不意に口に出してしまいそうな不安や恐怖を抑えるために、指で口を抑えて落ち着こうとする無意識の行動のひとつである。

ふと周りに目を向けたとき、この仕草をしている人がいたら人には言っていない何かを知っている可能性が高いと思っていいかもしれない。

いつもクリックありがとうございます!
@友だち追加
ブログ村
ブログランキング

関連記事

  1. 手が語るボディンランゲージ
  2. 本当の笑いはアソコにも出る

ピックアップ

  1. ユーザー登録不要・利用料無料・クラウド保存なし・容量無制限のP2Pによるファイル転送サービス DirectSEND が2015年5月から始まっている
  2. 部屋の配置にある工夫をするだけでストレスを軽減させる方法があるのですが…
  3. 体は脳を裏切る

ライフハック

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. INSTAGRAM
  3. LINE@

脳神経科学

心理学

コミュニケーション

微表情

ボディランゲージ

PAGE TOP