ライフハック

血液を冷やすと体温は下がる

体から体温が引いていくときのあの「スーッ」とする快感、誰もが気持ちいいと感じた経験があるだろう。

しかし、いつでもそんな瞬間に出会えるかというと望んでいるときに限って縁がなかったりする。暑い日が続いているので、今回は簡単に体温を下げる方法を紹介しておこう。

昼間、汗をかく仕事をされている方は試してみてはどうだろう。

 

短時間で体温を下げるためには、体の仕組みを知っておく必要があることは言うまでもない。

暑くてたまらない時、あなたなら下記の2択のうちどちらを気持ちいいと感じるだろうか。

  • 冷えていくのを部屋で待つ。
  • 冷えた部屋にいきなり入る。

 

  • 氷の入った水に手をつける。
  • 氷の入った水に足をつける。

 

  • 普通のグラスにキンキンに冷えたビール。
  • キンキンに凍ったグラスに冷えたビール。

 

  • 適度に涼しいと感じる部屋で掛け布団なし。
  • エアコンで冷やされた部屋で掛け布団あり。

ほとんどの方が後者を選んだのではないだろうか。

人は不快に感じる時間が長ければ長いほどそれを解決する手段として、即効性のある、より効果の強いものを選ぶ傾向がある。

しかし、いざとなるとおかしなことをしている人も意外とたくさんいるのも事実だ。

暑い~

と言いながら額(ひたい)を冷やしていたり、後頭部にペットボトルや濡らしたタオルを当てていたり。

恐らく頭がボーっとするから無意識に額( ひたい )を冷やそうとするのだと思うが、それではいつまで経っても体温は下がらない。

もっとも合理的に体温を下げる方法は血液を冷やすこと。

血液の温度が上がっているから体温が上がっているのだ。

では、

どうやったら血液を冷やせるか?

だが、それは頸動脈( 首筋 )を冷やすことで解決する。

太い動脈は首筋の他に、わきの下鼠蹊部( 太ももの付け根 )にもある。暑さで頭がボーっとするときは、頸動脈( 首筋 )を冷やすと脳に向かう血液が冷えて楽になるはずだ。

頸動脈の場所を知らない人がいるが、意外と簡単に見つけられる。

片手で首の付け根あたりを強すぎず弱すぎすの力で絞めてみると、左右に脈をうっている場所が指に伝わってくるのがわかるはずだ。そこが頸動脈である。

そこを冷やすと、全身から熱が引いていくのを体験できるだろう。

わきの下、鼠径部( そけいぶ )も同時に冷やすとさらなる効果を実感できる。暑い夏は、お風呂から出る直前に頚動脈を冷やしておくと、しばらく気持ちのいい時間が持続する。

ぜひ試してみてほしい。

いつもクリックありがとうございます!
@友だち追加
ブログ村
ブログランキング

関連記事

  1. ダイエットの本当の恐怖はリバウンドではなく摂食障害
  2. 食後のデザートは身体に悪い
  3. 真の飢えと嘘の空腹を見分ける方法
  4. 部屋の配置にある工夫をするだけでストレスを軽減させる方法があるの…
  5. Android の指紋認証が危ない!指紋データはすでにハッキング…
  6. Wordを活用してみる
  7. 曲名もアーティストもわからない歌を10秒以内に調べる方法
  8. 昼に辛いものを食べると午後に眠くなる

ピックアップ

  1. 色がもつ力とその影響
  2. 第三者の声を借りて説得力を3倍に増幅させるウィンザー効果
  3. プロでもやってしまう二重表現

ライフハック

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. INSTAGRAM
  3. LINE@
WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

脳神経科学

心理学

コミュニケーション

微表情

ボディランゲージ

PAGE TOP