LINE@にご登録いただいているユーザー様へ

固有名詞から代名詞に呼称が変わるのは相手を遠ざけようとするサイン

固有名詞から代名詞に呼称が変わる

人が相手を呼ぶときの呼称は相手と自分の関係性によって変わってくるが、日によってその呼び方が変わることは基本的にはない。

いつの間にか決まっている互いを呼び合うときに使う呼称は、習慣化されたものであるがゆえに、それが崩れたときにはそれなりの理由が隠れているというのが科学的な見解である。

人は相手に対して「強い嫌悪感」や「強い怒り」を抱くと、呼称に変化があらわれることが確認されている。

これは、うちに秘めた真の感情が表に出そうになるのを示す行動のひとつだ。

目には映らない、相手が使うわずかな言葉の違いに気づけるようになると、相手の感情の変化に気づくのが人一倍早くなるだけでなく、喧嘩や揉め事を未然に防ぐことも可能になるはずだ。

固有名詞で読んでいた人を代名詞で呼ぶようになったときは否定的な感情を抱いている

解説に入る前に固有名詞と代名詞について触れておこう。

固有名詞と代名詞

固有名詞  その人のみに与えられた名称をあらわす名詞。
代名詞  人や場所を指示するときに使う言葉。

彼氏や彼女を名前(固有名詞)で呼ぶ人もいれば、兄弟姉妹をそのまま「兄貴」や「妹」などの代名詞で呼ぶ人もいる。

なので、固有名詞で呼ぶのが良くて、代名詞で呼ぶのが悪いという話ではない。重要なのは、その人の普段の基準がどうなっているかである。

例えば、

呼称の基準と変化
  1. 自分の彼氏のことを「彼」と呼んでいた女性が、急に「(彼の)名前」で呼ぶようになった、というケース。
  2. 自分の彼女のことを「(彼女の)名前」で呼んでいた友人が、あるときを境に「俺の女」または「あいつ」と呼ぶようになった、というケース。

は「彼(代名詞)」が基準、は「彼女の名前(固有名詞)」が基準である。

仲の良いときはお互いを名前で呼び合っているのに、喧嘩の途中や揉め事が解決していないときは「お前」や「あんた」などの代名詞に代わっていることがある。

固有名詞が代名詞に代わる会話の事例

「固有名詞が代名詞に代わる」ときの会話の事例を取り上げてみよう。

固有名詞

彼女タクヤって、なんやかんや言うて優しいよな。
彼氏:せやろ?よう言われるねん(笑)
彼女:アホや(苦笑)

代名詞

彼女:なぁ、あんた昨日15時頃どこおったん?
彼氏:15時…?!家おったけど…、なんで?
彼女:嘘つきなや!カンナ(彼女の友人)がお前が女と歩いとるとこ見とんねん!
彼氏:・・・、人違いやろ(汗)

異性と付き合ったことがある人で喧嘩や揉め事の経験がある人なら、そのときの記憶が戻ってきたかもしれない。これはよくあるケースである。

  • 固有名詞で呼んでいた相手を代名詞で呼ぶようになる

これは、関係が悪くなっているときや相手に否定的な感情を抱いているときに無意識に出てしまう、もっともわかりやすい事例のひとつである。

名前を具体化して言葉にすると、その人のイメージが記憶と関連付けられることでより強く描写されるようになる。

嫌な記憶や思い出したくない相手の顔が浮かぶのを無意識に脳が避けようとするため、「話したくない」「顔も見たくない」「ムカつく」といった感情が、固有名詞よりも個人を特定しない距離(間隔)をイメージさせる代名詞を無意識に選ぶようになるのだ。

なので、彼のことを名前(固有名詞)で呼んでいた女性があるとき「あいつ」や「あの人」などの代名詞で呼ぶようになっていれば、それは関係が悪くなっているか、喧嘩中か、もしくはそれに近い感情下にいると思って間違いない。

特に結婚して時間が経っている夫婦間においては顕著にあらわれる。

近所の奥さんが自分の旦那のことを「夫」や「主人」と呼んでいたのに、あるとき急に「あの人」という言葉を使いだしたら、それは旦那に対して納得できない一面を抱えているかもしれない。

「夫」や「主人」も代名詞のひとつではあるが、「あの人」という言葉は基本的に遠い他人をさすときに使う言葉である。

それを身内に対して使うということは、抑えられない否定的な感情が言葉にあらわれていると考えることができるだろう。

また、さっきまで笑顔で話していた人が、聞かれたくないことや思い出したくない話題に触れられた瞬間に、急に口調が変わりだすというケースは珍しくない。

人の口から出てくる言葉は、対象となるものに対して抱く感情と深くつながっている。

声のトーンが急に下がったり、嫌悪や恥の表情が見えたらほぼ確定と思っていいかもしれない。

まとめ:固有名詞から代名詞に呼称が代わる

人は相手に対して不快感や嫌悪感を抱くと、そこから受けるストレスを避けようとして自然と相手と距離をとろうとする。

気になる異性に一瞬で距離を縮めに行く方法
気になる異性と心の距離を確実に詰めに行く方法

体にあらわれるケースもあれば、今回のように目には映らない相手が無意識に選択する言葉にそれを裏付ける答えが隠れていることもある。

呼称の変化が感情と密接な関係にあるのはすでに科学が証明しており、習慣化されていることに変化が見えたときは、相手の中で何かしらの感情の変化が起きている可能性が高いと思っていいだろう。

あれ?いつもと違うぞ…

男性

と思ったときは下手に飛び込まず、しばらく観察してリーディングにつなげていくようにしよう。

1 Comment

通りすがり

はじめまして。ブログランキングから来ました。今まさにその真っ最中です(>_<;)まったく気がつかなかったです。無意識に気付ける力ほしいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はシステムによって弾かれますのでご注意ください。