心理学

相手の性格を瞬時に見極める観察眼

よく話す人と話を聞く人

動物の中でも唯一言語を所有することを許された私たちは、コミュニケーションにおける利便性やそのときの感情および意図をも相手に届けられる便利なツールを発見した。

それが「言語」である。

言葉と感情には心理的に深い関係があり、その言葉をコミュニケーションに用いるときは必ずと言っていいほど相手の特長が認識レベルであらわれることが確認されている。

今回はその「言葉」と性格の関係について見ていくことにしよう。

相手の性格を早い段階で見極められるようになると、コミュニケーションが楽になるので是非とも参考にしてもらえたらと思う。

嫌いになれない人

もともと人には、嫌いになれない人というのが存在する。

誰でも初めて顔を合わす人には、そうでない人に比べて少なからずコミュニケーションに抵抗があるもの。それは、相手がどんな人間で、どんな価値観を持っているかわからないからであるが、基本的に自分に興味を持ってくれて、笑いかけてくれて、気を使ってくれる人を人は嫌いになれないようにできている。

相手が自分の存在をどれだけ優先においてくれているかを確信した時点で、人はその人との距離を見直すものである。

人には2つのタイプがある

よく話すタイプ
話を聞くタイプ

よく話すタイプ

よく話すタイプの人は、自分に自信がある人だ。

  • 自分は正しい
  • モノをよく知っている
  • 金がある
  • 人より優れていて優秀だ

そんなことを心のどこかで考えている人はよく喋る。

なぜ、喋るのか?

それは、自分が満足する評価の基準に周囲の反応が届いていないからである。

自分の考えや思考、生き方、気持ち、感情をとにかく喋ることで、

  • 相手に伝えたい
  • 俺はこういう人間だ
  • わかってくれ

という心の悲鳴が、

  • 自分のことをもっとわかってほしい
  • 自分を理解してくれる人を増したい

という思によって、無意識に喋りを多くさせるのだ。

話を聞くタイプ

話を聞くタイプの人の中にも、自分の考えや思考、性格や人との付き合い方というのはある。

しかしながら、よく話す人と比べるとどこかで自分に自信がなかったり、どこかで弱気な面がある。つまり、他人に自分を主張してまで自分のことをわかってもうらおうとは思っていないのが話を聞くタイプの人なのだ。

では、話を聞くタイプの人は人が話をしているときに何をしているのか?

話を聞くタイプの人は話を聞きたくて聞いているわけではなく、自分の周囲にいる人が話していることを聞きながら、自分と価値観が合うか合わないかの判断を無意識に行っている

その中で、

  • この人は自分と似ている
  • 価値観が同じだ

と判断したのちに心を開き、少しずつ自分の意見を出すようになる。

スポンサーリンク

よく話すタイプと話を聞くタイプの特徴

よく話すタイプの人は、ある程度先に話を聞いてあげると

  • 俺の話を聞き入っている
  • 俺の話に興味を持っている
  • 俺の話を凄いと思っている

と思うと、その人とは分かり合えたと思い、仲良くなったと錯覚する

ところが、相手が心を開き、自分の意見を言い出したときにズレが見つかると、自分が誤解していたことに気づき、拗ねたり、逆上したり、落ち込んだりすることがある。

話すことが得意な人のほうが結果的に長く続く友情にならないことのほうが多く、逆に話を聞くタイプの人のほうが恐る恐る近づいていった分、一度くっつくと長続きする場合が多いことがわかっている。

ただ、話を聞くタイプの人は最初から自分と価値観が合うかどうかを探りながら話を聞いているため、自分と合わないと判断した人には言葉で伝えることなく、勝手に自分の中でジャッジが終わっている

相手の話を聞いている過程で自分とフィーリングが合わないと判断した人とは、無意識に自分の中で切っているのだ。

よって、あなたがよく話すタイプで相手が話を聞くタイプの場合は、喋り過ぎて価値観の押し付けにならないよう注意が必要である。なぜなら、あなたが話している過程で相手の中ですでにジャッジが終わっていれば、もうその相手はあなたに心を開くつもりがないので新たに関係をスタートさせるのは困難になるからだ。

話を聞くタイプの人への対応

話を聞くタイプの人には、聞きたいことを自分から開示して相手にも同じことを聞くといい。

例えば、

〇〇しようと思ってるんですけど、やっぱり△△したほうがいいですかね?

というように、先に自分の考えていることや思っていることを相手に開示してから、それについての意見を仰ぐような流れがいいだろう。

雑談や何でもない話を何度か重ねて、相手の反応や様子を伺いながら急がずゆっくり関係を築いていくと上手くいくはずだ。

よく話すタイプの人への対応

よく話すタイプの人には、ある程度話を聞いて自分と意見が違うと思ったら、相手の話を遮ってでも自分の意見をぶつけることをおすすめする。

よく話す人に否定的な意見を返したら、自分に自信を持っているだけに自尊心を傷つけられた腹いせに怒らせることになるのでは?

と思うかもしれないが、これは意見が違うと確信したその時点で必ず突っ込むようにしてほしい。

よく話す人には意見をしにくい空気を感じるかもしれないが、よく話す人は否定の言葉が返されても、こいつとは話が合わないから話を止めようとは思わない。

なぜなら、自分が正しいと思っているので相手にしっかり自分の意見を伝えれば、相手は自分の意見に絶対従うと心のどこかで思っているからである。

むしろ、腹の中でははっきり意見が違っているのに、その場では思っていることを言わず、後になって陰でごちゃごちゃ言われていることを知ったときのほうが相手は怒るだろう。

よっぽど喧嘩口調の言い争いにならない限り、多少の論争は会話のキャッチボールだと思っているので、あなたが平気なら相手が尾を引く心配はしなくていい。

 

人には2つのパターンがあること紹介した。

これを知っているだけで、相手に対してどういう関わり方をすればいいのかが事前にわかるはずだ。相手がどちらのタイプかを早い段階で見抜き、相手に合わせて関わり方を変えられるようになれば、どちらのタイプの人とも良い関係を築けるだろう。

いつもクリックありがとうございます!
@友だち追加
ブログ村
ブログランキング

関連記事

  1. 上司の怒りをなるべく抑える方法
  2. 3億円の住宅を簡単に売ってしまう消費者心理を知り尽くした営業マン…
  3. 自分の意見をとおす心理学
  4. バッグに潜む深層心理
  5. 自分の話をするときは”いつ”を話している…
  6. 第三者の声を借りて説得力を3倍に増幅させるウィンザー効果
  7. 言葉に逃げると人も離れていく

ピックアップ

  1. 血液を冷やすと体温は下がる
  2. 第三者の声を借りて説得力を3倍に増幅させるウィンザー効果
  3. 手が語るボディンランゲージ

ライフハック

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. INSTAGRAM
  3. LINE@

脳神経科学

心理学

コミュニケーション

微表情

ボディランゲージ

PAGE TOP