恋愛

ドライブデートで助手席に乗せた女性を確実に落とす方法があるのですが…

はじめに

女性は男性に比べてニオイにとても敏感である。

特に、車のドアを開けたときや乗った瞬間に車内から届くニオイには、その時点でイメージの半分以上を固めてしまうほどメチャクチャ気にしている。

例えば、自分が毎日出入りしている家や乗り慣れている車では何も感じないのに、他人の家にお邪魔したり他人の車に乗ると明らかにいつもと違うニオイを感じている自分に気づくはずだ。

車内は部屋と同じでその人の普段の色がモロに出る場所なので、いつ、どのタイミングで、誰が乗ってきても清潔感のある不快感を与えない状態を保っておくことが大切である。

車内で喫煙飲食を頻繁にしている車は、自分では気づけないニオイが染み付いていることも覚えておいたほうがいいだろう。

drive

車内の匂いが第一印象の70%以上を占拠する

ドライブデートは大半の時間を車内で過ごしているだろう。

もしそうだとすれば、クサい車内は乗っているだけで不快感を覚え、逆にいい匂いのする車内は乗っているだけで気持ちよくデートができる。

少なくとも何も置いていない( 対策していない )車内は、そのままかクサくなるかのどちらかなので、人を乗せることに何らかの準備を常にしている人と思われるためにも、簡単な芳香剤ぐらいは用意しておいたほうがいい。

もし、その女性の好みの匂いがわかるならそれに近い匂いのするもの( 香水など )を、夏の場合はエアコンの通気口、冬の場合は足元の通気口などにプッシュしておくと、車内にその匂いが広がって好印象を与えることができる。

ただ、香水の中にはニオイのキツいものやそのニオイに長時間囲まれていると気持ち悪くなったり、車酔いの原因になったりすることもあるので、自分好みの香水を使うよりは清潔感を感じてもらえるような、少し控えめな匂いのものを選択したほうが無難である。

匂い +α

女性の中には冷え性の方が多いので、特に冬などは毛布ひざ掛けなどを用意しておくと好感度アップに繋がるはずだ。

毛布やひざ掛けまで車内に用意している男性は極めて少ないので、ここまで配慮ができる男性はその女性が過去に付き合ってきた男性との間で比較が起こったときに差別化が図れるようになり、女性の中に自分の存在を強く刻むことができる

カッコつける前に恥に意識を

一部の女性の声だけを聞いて勘違いしている男性も多いのだが、バックの際に助手席の後ろに手をかけ、首筋の筋肉を女性に見せながらバックするのを、女性はカッコいいと思っていると勘違いしている男性が未だに多い。

私はそんな男性が逆に恥をかき、隣に乗っている女性までも恥をかいているところを何度も見てきている。

右ハンドルの場合、これをやると体を捻っているので右後方は見えていても、右側方は見えていない

カッコつけることに必死で、バックしながら視界に入っていない右のミラーを壁に擦ったり、左右のミラーを見ながらバックしていないので、車体が片方の車線に極端に寄ってしまって何度も入れ直したり…。

助手席の女性は、バックごときで必死になって何度も失敗しているのに、まだカッコつけようとしている男性の助手席にいる自分が恥ずかしくなり、ずっと顔を下に向けていた。

本当の意味で女性に好印象を持たれたいと思う女性を乗せているときは、男性目線のカッコいいを信じ込む前に、一緒に乗っている女性のことを第一に考えたほうがいいだろう。

その女性は、車を降りてからも運転手の男性と距離をとって歩いていた。そうとう恥ずかしかったのだろう。

 

場所を選ばず、本当にバックをたんたんとやってしまう男性は、いちいち助手席の後ろに手を回したり、体を捻って後方を直視するような無駄な動きを挟まず、バックミラーとサイドミラーだけを見ながら一回で駐車してしまう

人それぞれだが、どんなに駐車しにくい場所でも2回までに駐車できるようにしておこう。

どんな車も扱ったようにしか動かないので、モタモタしたり何回もやり直したりすることが、何よりもヘタクソさを露呈することになる。

余計な動きを挟んで時間をかけるぐらいなら、無駄な動きを一切入れずにとにかく少ない回数で早く処理することが女性にはもっともカッコよく(運転が上手いと)映るだろう。

おわりに

重低音のかかる音楽は子宮に響くと言われているので、試してみると相手によっては何らかの効果が得られるかもしれない。ただ、好きでもない歌や嫌いなジャンルの曲を大音量で流されると聞かされているほうは不快でしかないので、相手と歌や曲の好みが合わない場合は車内の音楽は避けたほうが無難である。

また、大半の女性は音楽よりも会話を好む傾向があるため、車内では音楽よりも会話を優先にしたほうがいいだろう。

 

男性はそれをすることで得られる結果で判断することが多いのに対し、女性はそこに行くまでの過程で結果を決めることが多い。

例えば、二人の男性がいたとして、一人の女性がそれぞれの男性とデートをしたとする。ひとりの男性はデート先にディズニーランドを選択し、もうひとりの男性はお洒落なイタリアンレストランを選択した。

それぞれの男性とデートを終えた女性に、

もう一度、デートするならどちらの男性とデートしたいと思った?

と聞かれた女性は、ディズニーランドを選んだ男性かお洒落なイタリアンレストランを選んだ男性かどちらともう一度デートをしたいと思うだろうか。

答えは、そのデートを実際に終えるまで女性の答えは決まっていないのである。

つまり、デート先にディズニーランドを選択しようがイタリアンレストランを選択しようが、よほど女性が望まない場所でもない限り場所は重要ではなく、女性がその男性と時間を共有したことで、そのデート中にどこまで盛り上がれたかどうかが次に繋がるかどうかの重要な決め手になる

なぜなら、一度デートをしたことのある男性から2回目以降のデートを誘われた女性は、その男性とデートしたときの直近の記憶から次のデートを受けるかどうかを判断材料にすることが多いからである。

よって、ディズニーランドだから盛り上がるとか、イタリアンレストランだから盛り上がりに欠けるというのは一概に言えず、イタリアンレストランのデートでも会話が弾んでその女性が楽しいと心から思える時間をデート中に提供できれば、次のデートのアポもその場で簡単にOKが出るだろう。

なので、「何をした」「どこへ行った」という結果は差ほど重要ではなく、どこで何をしようがその時間内に女性の気持ちをどこまで上げられたかが次を決めるのである。

ここは男性と女性の決定的な違いのひとつでもあるので、覚えておくと今後の参考になるはずだ。

車内でエアコンをつけるときもただつけて終わるのではなく、つけた後に女性のほうに風を向けてあげるだけでも配慮のできる男性と思われるはずだ。

いつもクリックありがとうございます!
@友だち追加
ブログ村
ブログランキング

ピックアップ

  1. 微表情 ー マイクロ・エクスプレッション
  2. 最短最速で信用を勝ち取る方法
  3. 欲の裏に隠れている見えない本質

ライフハック

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. INSTAGRAM
  3. LINE@

脳神経科学

心理学

コミュニケーション

微表情

ボディランゲージ

PAGE TOP