お知らせ
GoogleとTwitterで共同開発されているモバイル端末でのウェブページを高速表示するAMP(Accelerated Mobile Pages)に伴い、12月15日(金)21時頃より大幅なアップデートを行います。作業完了まで当サイトへのアクセスは制限されますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

「驚き」が語る4タイプの微表情

驚きの表情

一般的に微表情で解釈される表情には「驚き」「恐怖」「嫌悪」「怒り」「軽蔑」「幸福」「悲しみ」の7つがあるが、今回は「驚き」について詳しく見ていくことにしよう。

驚きの微表情

「驚き」とは、「眉(まゆ)が上がり、顎(あご)が下がる」、以下( 写真:E / F )のような表情のことをいう。

pejf

眉や上瞼は上に引っ張られ、両眉が湾曲して盛り上がる。さらに、眉の下の皮膚が引き伸ばされることで瞼が大きく開き、顎が下がることで唇と歯が引き離されて開口する。

これが「驚きの表情」の特徴である。

しかし、あくまでこれは完璧に驚いているときのケース。人が内に秘めている真の感情をたった7つの表情に分類できるほど、人の表情は単純ではない。

今回は同じ「驚き」の中で、異なる4タイプの「驚き」があるということと、その表情の奥に隠れた本当の意味も解説する。

驚き:A

下の女性の表情から、どんな感情が受け取れるか考えてみてほしい。

p-a

驚いた表情」ということを前提に見た場合、本当に驚いているようには見えない、もしくはどことなくその表情に違和感を感じたのではないだろうか。

もしそうなら、その判断は正しいだろう。

本当に驚いているときの表情と比較するとわかるが、眉(まゆ)と瞼(まぶた)にしか「驚き」の反応が出ていない

眉(まゆ)と瞼(まぶた)には「驚き」の反応が出ているのに、口元はなぜか中立。

本当に驚いているなら、本音が出やすい口元に一切の変化が見られないこの表情は、結論から言うと不自然。

つまり、余計な感情が混在していることを裏付けている。

  • 驚いているように振る舞おうとしているが、実際は大して驚いていない
  • もし事実ならビックリだが、「そんなことはあり得ない」と思っている
  • 恐らくスゴいことなのだろうが、「自分には関係のないこと」と思っている
  • 相手が興奮しながら話しているときに、心の中では余計なことを考えている

誰もが驚くような話をしているときにこの表情をしている人がいたら、もしかするとその人は話がつまらないと思っているか、話題に一切の興味がないか、周囲に合わせているだけかもしれない。

また、ドッキリなどで全員が驚くはずのタイミングで一人だけこの表情をしている人物がいたら、その人間は仕掛け人側の協力者のひとりである可能性が高くなる。

なぜなら、この後で何が起こるか大よそわかっている人間は、そのときが近づいてくるにつれてカラダと脳が勝手に心の準備に入るため、心底驚くことはできないからだ。

逆に、起こると確信していたことが起こらなかったときに「本当の驚き」を見せることになるだろう。

逆ドッキリ」などがわかりやすい例である。

驚き:B

p-b

驚いていることに間違いはないが、最初の写真( 写真:E / F )とは少し異なる。

瞼が上下に大きく開き、口も開いているが、眉が引っ張られていない

眼と口だけに動きが出る驚きは、驚きの中でも「仰天の驚き」を意味し、

女性
  • えっ、マヂ!?
  • そんなことって…!?
  • 嘘やろ!?

というときにあらわれる表情となる。

表情と照らし合わせてみると、よくわかるはずだ。

驚き:C

p-c

眉が上がり顎も下がっているが、驚いているというよりポカーンとしているようにも見えるこの驚き。

眉と口だけが動く驚きは茫然としているときに見られる驚きで、例えば泥酔しているときや睡眠薬などを過剰摂取しているとき、薬物常習者などが見せる驚きの表情がこれに当たる。

疲れが溜まり過ぎていたり、睡眠不足でも見られる場合がある。

 

驚き:D

p-d

眉が上に瞼が上下に引っ張られて眼は見開き、顎が下がって唇と歯が引き離されている

眉、眼、口の3領域をカバーした驚きで、最初の写真( 写真:E / F )とまったく同じ種類の、余計な感情が一切混在していない「完璧な驚き」である。

 

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は「驚き」の表情の特徴について紹介し、さらにその表情に4つの種類があることをお伝えした。

s-abcd

実際にこれらの表情を自分自身で作ってみると、どういうときにその表情になりそうか、またはその表情をしたときにどういう感情下に自分がいるかを比較的近くに感じられるようになる。

もちろん経験と訓練は必要になるが、感情は表情ともっとも結びつきが強いため、自分で表情のシミュレーションをしておくことで、相手のわずかな表情の違いにも表情の奥に隠れている本当の真実に気づける力がつくようになる。

次回は「恐怖」の表情について解説したいと思うが、「驚き」と「恐怖」は感情的にもかなり近い関係にあるため、表情の特徴も似ている場合があることからその判別を間違うことも少なくない。

「驚き」とは、予期せぬこと予期に反したことから起こる感情で「恐怖」とは完全に別物である。

驚きの根本にあるものを認識した瞬間、驚きは別の感情に一瞬にして変化する。

「恐怖」の微表情

2017.07.11
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございます!