微表情

真実を語る微表情

統計によると、人は10分間の会話で3回嘘をつくと言われている。普通の人3回だ。

罰の悪いときや嘘をつかなければならない立場にある場合ならどれぐらい出るのか、実に興味深いデータと言えるだろう。

 

相手にとっては都合の悪いことで、こちらが確信をもっていることを相手にぶつけたときに、相手が喜んでいるような表情を一瞬口元に出したときは、その確信が見当外れであったことが確定する。

事実と違うことに確信を持っている、つまり見当外れを起こしている事実がわかった瞬間、相手は自分が助かると思って微笑にならない微表情を見せるというわけだ( 0.2秒未満 )。

また、自身満々に強気な発言をしているときに片方の肩をすくめる動きが出た場合は、自分の言葉に自信がないことを表し、言葉と動作が矛盾することから嘘をついていることが確定する。

さらに、ビックリしたり、驚いたときに出る一瞬の表情は「1秒未満」と言われており、この(驚いた)表情が1秒以上続いたときは演技となる。

頬に引っ張られるように上唇だけが上がる微表情は「侮蔑」を意味する。瞬き1回と変わらないほど、一瞬の動作である。

顎(アゴ)を上げる動作は深い困惑を意味し、心の底では納得していないことがある状態をさす。

直前に顔や首を一瞬横に振っていることもあるので、首を横に振った直後にアゴを上げていないかも確認してみるといいだろう。

通常、人は過去に対して質問を投げられたとき、その事実を素直に思い出そうとするときも誤魔化そうとするときも、視線が一瞬どこかへ反れる。1つではなく2つ以上質問を投げてみるとその違いが確認できることがある。

 

例えば、付き合っている二人がいて、彼の行動を怪しいと感じている彼女がいるとする。嘘をつく必要のない質問、

昨日の晩御飯なに食べた?

と聞いたら、彼は昨晩の夕食を思い出すために視線をどこかへ反らすだろう。

そのあと、

○時~○時の間、何してた?

と聞くと、彼女から一切目を反らさずに答える彼がいる。

目が反れないのでいかにも真実を言っているかのように解釈できるかもしれないが、これは相手の目を見返して自分の嘘を信じているかを確かめる場合にも出る行動だ。

目が反れたから嘘をついている可能性が高いというのは迷信で、聞いてもないことや聞いたことと関係のないことまで自分からベラベラ喋りだしたら、それは嘘の可能性が高いと思っていいだろう。

鼻には勃起組織があり、隠し事があるとうずくことがわかっている。痒くもないのに鼻に手を当てたり擦ったりするときは、言葉や目には映らない意味が隠れているかもしれない。

いつもクリックありがとうございます!
@友だち追加
ブログ村
ブログランキング

関連記事

  1. 微表情 ー マイクロ・エクスプレッション
  2. 会話中にあらわれる「後悔」の微表情
  3. 「驚き」が語る4タイプの微表情
  4. 「恐怖」の微表情
  5. 発言のあとに舌が動くのは嘘をついたサイン
  6. 口元を歪める微表情
  7. 相手の感情(精神状態)を3分以内に見抜く方法があるのですが…
  8. 眉が言葉の嘘を暴く微表情

ピックアップ

  1. スプラリミナル効果
  2. 食後のデザートは身体に悪い
  3. 相手の本音を会話から見抜く方法

ライフハック

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. INSTAGRAM
  3. LINE@

脳神経科学

心理学

コミュニケーション

  1. よく話す人と話を聞く人

微表情

ボディランゲージ

PAGE TOP