お知らせ
GoogleとTwitterで共同開発されているモバイル端末でのウェブページを高速表示するAMP(Accelerated Mobile Pages)に伴い、12月15日(金)21時頃より大幅なアップデートを行います。作業完了まで当サイトへのアクセスは制限されますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

自分の意見をとおす心理学

あなたは他人に意見をしたとき、逆に相手から反感を買ってしまったり相手を怒らせてしまったことがないだろうか。

相手が意図せぬ態度に出たとき、「逆ギレか!」という人がたまにいるが、本当にそうだろうか。

自分の意見をとおすためには多少の準備が必要である。今回はそのプロセスの一部を書いておくので、興味のある方は参考にしてほしい。

はじめに

自分の意見をとおすということは、人を説得することであり、人を動かすということである。

交渉に得意な人はよくご存知だと思うが、人を動かせるかどうかが決まるのは交渉や話に入ってからではなく、それ以前の準備で結果が決まってしまうことがほとんどである。

人が気分を悪くするときや怒るときは、必ずそれ相当の理由があり、例えば毎日出社時間の30分前には出勤している人がある事情でその日だけ遅刻をしてしまった場合、2日に1回は遅刻しているような人から、

なに遅刻してんねん!お前の出社時間は何時や?

と言われたら、例え上司や管理職の人間であっても

お前に言われたないわい、お前、毎日遅刻やんけ!

と思うだろう。相手が自分の意図せぬ反応を見せたときは、その原因がどこにあるのかを考えてみることも必要である。

人が人を判断する瞬間

人間というのは人から意見されることが苦痛なわけではなく、意見をしてくる相手がどこから意見しているかを基準に判断している。

人が人に意見するときの多くは、一時の感情から一方的に自分の意見をぶつけていることも少なくない。

  • そうは思わない
  • それは違うやろ
  • それはおかしいんとちゃうか

相手も理由があってひとつの考えを持っているので、その理由や考えに至った経緯に触れない状態でいきなり否定をするような言葉をかぶせてしまうと、相手がこちらの意見を聞こうとしなくなるのは当然である。

あいつはホンマに人の話を聞かん奴や

そんなことを言っている人を見ると、

自分も同じこと、思われてんちゃう?

と、思うわけである。

自分の話を聞いてもらえない人はその原因が自分にあることに気づいていないことが多く、相手が話を聞こうとしない原因も考えようとしないことが多い。

話を聞いてもらえない人の多くは、自分の話を聞いてもらう前に相手の話を聞いていなかったりする。聞いてるフリも、聞いていないのと同じである。

本当に困っているときや本気で悩んでいるとき、人は相手の顔色や反応をいつも以上に観察する。本気だからこそ相手の反応がいつも以上に気になってしまうのだ。

事前に布石を打っておく

どんな人間でも恩や義理というものを持っている。

その恩や義理をどれだけのものとして捉えるかには個人差があるが、少なくとも自分のために何かをしてもらったらそのお返しをしなければならないという心を普通の人間なら持っているものである。

なので、普段から相手の話に聞く姿勢を持っていれば、その相手が自分の話を聞いてくれないなどということはまずない。

自分の意見を確実にとおすための条件、それは普段から相手の話に耳を傾け、相手の悩みや考え方を理解して、事前に布石を打っておくことにある。

仮に自分と意見が対立した場合でも、一方的に相手を敵に回すような言い方はお世辞にも賢いとは言えず、相手の気持ちを汲み取る言葉を少し混ぜるだけで、相手はこちらの意見を受け入れやすくなるのである。

素直に人を受け入れられない人は人に飢えている

ここ最近、インターネットを使った副業で本業の収入を超える人が増えてきているが、収入が低い人はそんな人を見て詐欺だの胡散臭いだのと悪者扱いをしたがる。

しかし、この心理もハッキリしている。

お金を稼いでいる人を非難している人はお金に強い関心があり、自分が稼げるようになると非難を止める。

稼ぐことが楽しくなり、自分の力で稼いでいる自分に自信を持つようになり、人を非難することよりも自分がお金を稼ぐことを考えるようになるからだ。

 

自分ができないことや結果を出せないことを目の前で成功させている人がいれば、その事実を素直に受け入れられず、自分の感情を調整するために非難することで周囲の注目を集めようとする。

ひと言で括ってしまえば「妬み」で、男性に圧倒的に多い行動であることが確認されている。非難すること自体は不本意で、本心は成功者と同じ世界を見てみたいのだ。

人は自分の都合のよい解釈を正しいと思い込む

自分で稼いだことがない人は稼いだときのイメージがわかないので、稼いでいる人を羨ましいとしか思わないかもしれない。

しかし、稼ぐということは収入が増えるということで、これは1度でも経験すれば、その嫉妬や非難は尊敬に変わるだろう。

なぜなら、収入が増えるということは、高額所得者である前に高額納税者になるからだ。

稼ぐ額が大きくなれば支払わなければならない税金も大きくなり、自分の腹を肥やす前にお国に貢献している人が高額所得者なのである。自分には稼げない収入を得ている事実を妬む前に、本来なら自分には納められない税金を納付している事実を先に知るべきなのだ。

自分で税金を納めた経験がない方は実感がわかないかもしれない。しかし、稼げば稼ぐほど持っていかれるこの辛さは、一度稼げばどれだけキツイかわかるだろう。

マザー・テレサ ではないが、素直に人を認められない人は人から認められることもないのかもしれない。

人の穴を探る前に、まず自分を自覚することを考えられる人は、人に対しての考え方や口から出てくる言葉も変わってくるはずだ。

人より自分を疑う心をもつ

物事にはどんな場合においても常に2つ以上の見方が存在する。

自分と直接は関係のないことでも、自分が見ている視点が必ずしも正しいとは限らない。自分から見れば正しいことでも、立場が違う人の視点から見れば、正しくないこともある。

自分には見えていない視覚に人がいるかもしれないと考えられるようになれば、固定観念や自己中心的な考え方はなくなり、何よりも思考そのものが相手中心に変われば、どういう言葉をどのタイミングでかけると相手がどう動くのかがわかるようになる。

ちなみに、人がもっとも気持ちよくなる瞬間は、

自分が望むときに、自分が望むタイミングで、自分が望むことを、自分の望みどおりに、自分でしたかのように、他人が動いてくれたときである。

この時、人は黙ってあなたに従うはずだ。

そんなことできるわけないし、あるわけない

と思うかもしれないが、そう結論付けた時点で終わりである。

少し考えれば、意外とあるはずだ。

手が届かない場所が痒くなったとき、自分がかきたいタイミングで、かきたい場所を他人に一発でかいてもらえたら、体よりも心が気持ちよくなっている自分に気付くだろう。
会話中、なんて言ったらいいか言葉が見つからずにモヤモヤしているとき、自分が探している言葉をピンポイントで相手が見つけてくれたら、思わず

そう!そう!そう!

と言ってしまうだろう。

デート中、タバコが無くなって

うわ、買っといたら良かった…

と思っている横から、彼女がスッと自分が吸っている銘柄のタバコを出してくれたら素直に嬉しいはずだ。

これは、普段から相手に興味を持って気にかけていないとできないことである。

他にも、

急を要することでわからないことが出たときに、電話をした相手がその場で解決してくれたり、外出先で携帯電話の充電が切れかかっているときに、

これ使ったら?

と、友達が携帯用の充電器を差し出してくれたり、仕事終わりの先輩と外で待ち合わせをするときに、普段先輩が飲んでいる缶コーヒーを買っておいて、合流の際にそっと差し入れしたり…。

少し考えれば、いくらでも出てくる。

気づかいや心配りというのは、普段から相手を気にかけていないとできないことなので、相手が喜んでくれたり気持よくなるような関わり方ができるようになれば、相手からの反応はあなたの求めているものに限りなく近づいていくはずだ。

おわりに

人は自分に目をかけてくれる人を嫌いになれない。

自分のタイミングだけで接触しようとすると、気持ち悪がられたり有難迷惑になる場合もあるので、あくまで相手のタイミングで動くということが重要になってくる。

返せないぐらいの「貸し」を先に作っておく( 布石を打っておく )ということだ。

貰うよりも与えることを先に考えることができれば、自分の意見が相手にとおらないなどいう壁はあなたにとって無縁の障害になり、こういったことを何度も重ねることによっていつの間にか相手との距離は縮まっていくだろう。

よくわからないという方は、とにかく自分にできることを迷惑にならない程度で与え続けてみるといい。

そのうち、相手から大きな返しがあるはずだ。

スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございます!