心理学・脳科学・微表情・ボディランゲージ・NLP・コールドリーディングなどに関連する推奨書籍

心理学や脳科学などの科学的な分野の技術は日本よりも海外のほうが進んでいる。専門的な学者や書籍は海外のほうが多く、日本の専門家と言われる方々も海外の専門家から情報を取っていることがほとんどだ。より有益で確かな情報を求められる場合はその分野の先駆者から情報を取ることをおすすめする。

微表情(マイクロ・エクスプレッション)の先駆者 ⇒ ポール・エクマン顔動作記述システムFACS)開発者 )
NLP神経言語プログラミング)の先駆者 ⇒ ジョン・グリンダーリチャード・バンドラー

※ここで紹介する書籍はすべて日本語に翻訳されている。

1.微表情/ボディランゲージ

1-1.表情分析入門―表情に隠された意味をさぐる

表情には万国共通性がみられる。表情研究に関して第一級の研究者である著者たちは、驚き恐怖嫌悪怒り幸福悲しみの基本的感情が表情に現われる様子のちがいを、顔の3領域の組み合せにより解明した。また、感情の隠蔽、擬態、中立化など欺瞞に特徴的な表情の手掛り(サイン)が詳述されている。本書は、医師、カウンセラー、セールスマン、教師など対人接触にたずさわる人たちが、自他の表情に精通するための格好の入門書である。ババ抜き対決で有名なメンタリストDaiGo氏もこの本に書かれている知識と技術を使っている。

 

1-2.暴かれる嘘―虚偽を見破る対人学

嘘の本質と嘘の発見に関して、歴史的事実、小説、実験室研究など、広範な資料に基づく透徹した分析を通して、人間行動の深層を解明した画期的書。心理学関係者ほか、医療・警察・法曹界の人たち、さらに政治・外交に携わる人びとへ推薦する。嘘の本質と嘘の発見に関することを、政治・外交上の歴史的事実、小説、実験室研究など、広範な資料に基づく透徹した分析を通して、人間行動の深層を鮮やかに解明する。

 

1-3.顔は口ほどに嘘をつく

感情をすぐに顔に出してしまう人がいるのに、感情を隠すのがうまい人がいるのはなぜ?本音は顔に出やすいが、人間は顔の表情をコントロールすることもできる。感情とその表現研究の第一人者が、相手の本当の感情を読み、自分の嘘や感情をコントロールする技術を指南する、画期的な本。

 

2.催眠療法

2-1.ミルトン・エリクソンの催眠療法入門―解決志向アプローチ

20世紀最大の心理療法家ミルトン・エリクソン――催眠療法とともにその名を知られるエリクソンだが,古典的催眠のイメージを払拭する彼の新しい催眠療法はこれまで十分に解析・解説されずにいた。エリクソンから直接指導を受けた数少ない心理療法家ビル・オハンロンによる解決志向催眠療法ワークショップを採録した本書は,クライエントとの治療的コミュニケーションの方法,クライエントの可能性を誘い出し強調する技法を,実技や事例を通して解説し、エリクソン催眠の革新性を実証的に明らかにしていく。かつて特別な才能に恵まれた者だけに許される「名人芸」とされてきたミルトン・エリクソンの治療技法は、オハンロンのステップ・バイ・ステップの解説を経て、すべての心理臨床家の手に届く解決志向催眠療法として生まれ変わる。クライエントを尊重し,変化への可能性を開き,解決を導く体験を喚起する解決志向催眠療法は,心理療法や学派の別を問わず、すべての心理療法に共通するエッセンスの結晶である。オハンロンのワークショップに参加しているような臨場感のなか、心理療法の技法をブラッシュアップして、クライエントのニーズに応える臨床実践のスキルを身につけるための「催眠臨床エッセンシャルガイド」。⇒ 新装版はこちら

 

3.行動心理

3-1.行動意思決定論―バイアスの罠

人間の意思決定は気づかないうちにさまざまなバイアスを帯びている。ハーバード大学教授の手になる本書は、行動意思決定研究の広範かつ最新の成果を踏まえて、経営上の意思決定がどのような認知的・動機的バイアスを帯びるかを解説し、読者に意思決定改善の指針を提供する。

 

4.ライティング

4-1.現代広告の心理技術101

20131119_860758現代広告の心理技術101
著者:ドルー・エリック・ホイットマン

反応を取る広告を作るための本、広告の目的は人に行動させること。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になる。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから人が広告を見るときにはどういう心理が働くかという広告行動心理を徹底的に研究し、それを相手の頭の中に入る消費者心理の17原則と買わずにいられなくする41のテクニックにまとめました。この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

 

4-2.クロージングの心理技術21

shinnri-21クロージングの心理技術21
著者:ドルー・エリック・ホイットマン

「魔術師」と言いたくなるほど、巧みなセールスで驚異的な売り上げを誇るセールスパーソンと、日夜懸命に努力しているにもかかわらず、一向に成果の上がらないセールスパーソンとは、どこが違うのか。高い収益を上げる「セールスの魔術師」たちは、「消費者心理学」という特別な「トリック」を使っている。これこそ人々にものを買わせるパワフルな原理で、この原理は売るものが何であるかに関係なく、“あらゆる”ビジネスに有効。本書は、効果が実証済みの、消費者心理学に基づく強力なセールス・テクニックを21項目に分類して解説しています。例えば、あなたが売るものが“ 何であれ”、相手を買う気にさせる─しかも倫理的に─方法、あなたが相手にとって見ず知らずの人間であったとしても、相手があなたの言うことを信用してくれる方法、効果的な“先制攻撃” によってライバルを打ち負かす方法、その製品の価値に対する相手の脳の評価を変え、相手の欲求を増大させる方法、相手の購入意欲がよどみなく流れるようにする驚くほど効果的な話し方、さらには、対面セールス・電話・e メール・手紙のいずれであれ、 「セールストークで決してしてはいけないこと、あるいは必ずすべきこと」等々、すぐにでも役立つ──とりわけ対面販売に──ノウハウが満載されている。 

 

 

 

PAGE TOP