お知らせ
GoogleとTwitterで共同開発されているモバイル端末でのウェブページを高速表示するAMP(Accelerated Mobile Pages)に伴い、12月15日(金)21時頃より大幅なアップデートを行います。作業完了まで当サイトへのアクセスは制限されますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

「ひらがな」「漢字」「カタカナ」を正しく使い分けよう!

はじめに

「ひらがな」「漢字」「カタカナ」は、どう使うかで読み手の印象が大きく変わってくる。「ひらがな」ばかりの文章は知識に乏しく見え、漢字ばかりの文章は堅苦しい印象を与える。

また、カタカナが多い文章も読みにくく、読み手に軽い印象を与えてしまう原因になる。ひらがなと漢字は、「文章を読ませる相手」や「文章の目的」に応じて使い分けが必要だ。

一般的に読みやすい文章の漢字とひらがなのバランスは、「漢字3」「ひらがな7」が理想と言われているので、ひとつの目安として覚えておくといいかもしれない。

同じ文章を比較してみる

漢字を多用した文:

文章を書くは、漢字を沢山詰め込み過ぎないが大事です。
何故なら、漢字が多い文章は大変読み難いだけでなく、読者に圧迫感を与えるになるからです。
平仮名の割合を増やすで、文章が読み易くなります。

漢字とひらがなのバランスを考えた文:

文章を書くときは、漢字をたくさん詰め込み過ぎないことが大事です。
なぜなら、漢字が多い文章は大変読みにくいだけでなく、読者に圧迫感を与えることになるからです。
ひらがなの割合を増やすことで、文章が読みやすくなります。

漢字とひらがなのバランスを考えた文のほうが、漢字を多用した文よりも読みやすくなっていることがわかる。

漢字が多い文章は読んでいる途中で詰まり、一文を読み終えるまでに時間もかかる。

字を追いかけるスピードを遅らせるほか、理解に時間がかかる文章になるので、自己満足ではなく読んでもらうための文章を書くのなら漢字とひらがなのバランスには注意が必要だ。

よくある「言う」の間違い

「いう」には、「 say 」の意味をもつ場合と抽象的な意味をもつ場合の2つがある。

「 say 」の場合は漢字を使うが、抽象的な場合はひらがなを使うのが原則だ。

「 say 」の場合

  • 専門家が言うには
  • 正直言って
  • 逆に言えば
抽象的な場合

  • 言葉というのは
  • そういえば
  • あっという間
  • とはいえ
  • どちらかというと
  • そういうときは

抽象的な例文と具体的な例文

【 抽象的 】 そういうときは、すぐに電話してください。
【 具体的 】 対面した、はじめて気がついた。

【 抽象的 】 あなたの言うとおり、間違いありません。
【 具体的 】 千日前通りの日本橋交差点で待っています。

【 抽象的 】 執行部に提案したところ、採用された。
【 具体的 】 交差点を曲がったに警察官が立っていた。

【 抽象的 】 わかりやすいものから、わかりにくいものまである。
【 具体的 】 部屋にあるほとんどのは、捨てられる。

漢字よりもひらがなを使うことが多い例

又は( または ) / 所詮( しょせん ) / 殆ど( ほとんど ) / 何処( どこ ) /  暫く( しばらく ) / 所( ところ ) / 敢えて( あえて ) / 生憎( あいにく )  / 丁度( ちょうど ) / 只今( ただいま ) / 貴方( あなた ) / 程( ほど )  / 等( など ) / 何方( どなた ) / 何時か( いつか ) / 従って( したがって )  / 即ち( すなわち ) / 或いは( あるいは ) / 位(くらい・ぐらい)・・・

おわりに

今回の内容は、圧倒的に男性に多い例である。

女性はやわらかさや可愛さを優先することが多いので、堅苦しい表現やむずかしい漢字を無意識に避ける傾向にある。

男性に比べて読みやすく、女性の文章にやわらかい印象を受けるのは、要らない漢字を無意識に避けていることが理由のひとつと言えるだろう。

文章がに硬さを感じたときは、漢字とひらがなのバランスを見直してみることをおすすめする。

スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございます!