はじめての方へ

CIPHER(サイファー)(以下「当サイト」)にアクセスいただきありがとうございます、管理人のK@cipher358 )です。

早速ですが、5分で当サイトの説明をさせていただきますので、5分だけ私にお時間をいただけましたら嬉しく思います。もし、5分後に一度も「興味深い」と思う瞬間が訪れなければ、当サイトのどこを探してもあなたが探している情報は見つからないと思います。なので、5分経ったらこのページをサイトごと閉じてください

 

はじめに

見たことも会ったことも喋ったこともない、そして、この時点では私はあなたがどこの誰かもわかりません。ですが、そんな状況でもたった一つだけ確信をもってあなたのことについてお伝えできることがあります。

それは、あなたが少なからず「人」や人間が生まれながらに持ち合わせている「共通の心理」、あるいは「無意識の世界」や対人関係においての「悩み」など、それらに関連のある事柄について興味関心がある可能性が高い人だということが、ほぼ当たっているのではないかということです。

当サイトはあくまでも個人が運営しているブログにすぎず、専門的な内容にフォーカスしているうえには記事数はまだまだ少ないのが現状です。メディアや企業から何度か問い合わせをいただいたことはあるものの、それでも知名度はほぼ皆無に近いといえます。

世界中に50億を超えるウェブサイトが存在する中から、米粒にも満たない存在のたった一つのブログにたどり着いたあなたは、当サイト存在を知ったこの事実を偶然(たまたま)と思っていることでしょう。ですが、結論からいうとこれは偶然ではなく必然だったということをまずはお伝えしたいのです。なぜなら、この世の中に”偶然”は存在しないからです。

偶然とは、因果関係がはっきりしないことにおいて、自らを納得させるための都合のよい言葉だと思います。”偶然”で片づけてしまえば、「たまにはそういうこともあるだろう…」と、その原因がはっきりしなくても、人はそれ以上そのことについて追及することを忘れます。

  • 起業から三ヶ月以内に潰れていく会社が多い中、他を差し置いて急成長し続ける会社はたまたまうまくいっているだけなのか。
  • 何をやっても上手くいかない人と、何をやっても上手くいく人の違いは単純に”運”の違いなのか。
  • 東日本大震災で東北が被害の対象になったのは、たまたま東北だっただけなのか。
  • 好きになった人と付き合えるかどうかは、運次第なのか。
  • 5年乗れるはずの車を3年で廃車せざるを得なくなるのは、運が悪いからなのか。
  • 走行中にタイヤが外れるのは、運が悪かったからなのか。
  • 大学のセンター試験で合格できるのは、たまたま運が良かったからなのか。
  • 長年勤めてきた会社でリストラの対象になるのは、運が悪いからなのか。
  • 痩せようと思っているのに痩せれない人は、たまたま痩せれない体質だからなのか。
  • 経済格差の最大の原因は、生まれたときの家庭環境で決まるものなのか。

結果と原因の法則をご存知の方なら、この世の中に偶然が存在しないことはすぐに納得できると思います。すべての事象には因果関係(バタフライ・エフェクトバタフライ効果)があり、それは起こるべくして起こった結果以外にありません。

バタフライ・エフェクト
エドワード・ローレンツ(気象学者)

恐らくあなたは、当サイトが発信している内容に関連のあるキーワードを検索エンジンに入力されたことによって、当サイトの存在に気づかれたことと思います。そして、検索結果の一覧に表示された中から、素通りしてもよかったはずの当サイトに何らかの目的をもってクリックし、今ここに来ているはずです。

私がここであなたにお伝えしたいのは、どんな結果にもその結果を作った原因が必ずどこかにあり、それはある目的を実現するために必要な知識と技術をもってすれば、ある程度までは自分でコントロールが可能になるだけでなく、それらは自ら作り出すことも可能になるということなのです。

 

CIPHER(サイファー)について

当サイトは人間の潜在意識に隠れる心理を脳神経科学や心理学を用いて紐解き、それらの知識や技術を日常生活や対人関係で使える形として例をあげ、その知識や技術を今日から使えるために誰もが経験体験したことのある、あるいはこれから直面するであろうシチュエーションに役立つ情報を発信しています。

脳科学や心理学と聞くと大学時代を思い出す方もいれば堅苦しい重いイメージを持たれた方、あるいは時間がかかりそうで面倒な印象を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。ですが、当サイトで紹介および解説している科学は決して教科書などで見られるような知識だけで終わってしまうものではなく、あくまでも実践にフォーカスした内容となっております。

当サイトが潜在意識に焦点を当てている理由は、人の生涯において絶対に切り離せないのが脳のメカニズム(神経伝達)心理(感情)だと確信しているからです。人間を含むすべての動物は食べなければ早期に死を迎え、寝なければカラダは維持できません。それと同じで、脳と心理は死を迎えるまで一生人に付きまとう普遍的なものであり、これを切り離すには死ぬ以外に選択肢がないからです。

つまり、死ぬまで一生付き合っていかないといけないすべての人間に備わっている脳のしくみや心理の知識が増えるということは、逆に言えばビジネスや恋愛、交渉や説得など人間関係で生じる障害のほぼすべてを事前にカバーできると言っても過言ではないと思うのです。

当サイトが発信する情報によって、周囲の反応が日に日に変わってくるのを体感してほしいと思います。

 

CIPHER(サイファー)の概要

当サイトは、大きく分けて下記の6つの分野から展開しています。

脳科学(ブレイン・サイエンス)/神経科学(ニューロ・サイエンス)
人を含む動物の脳のメカニズムと、それが生み出す機能について追及する科学。
視覚認知や聴覚認知など、感覚入力の処理に関する記憶、学習、予測、思考、言語、問題解決、情動を追求する分野。
心理学(サイコロジー)
心と行動のメカニズムを科学的な手法によって追及する科学。 
微表情(マイクロ・エクスプレッション)
抑制された「真の感情」がフラッシュのように一瞬で顔に表れて消え去る表情のこと。
0.2秒以内に出て消える一瞬の表情で、通常の会話では80~90%が見落とされている。
先駆者: ポール・エクマン
ボディランゲージ(身体言語/非言語コミュニケーション)
身体言語と呼ばれる非言語コミュニケーションのひとつ。無意識下で現れるカラダの動作やしぐさが物語る意味を追求する。
NLP(神経言語プログラミング)
言語学者のジョン・グリンダーと心理セラピストのリチャード・バンドラーが提唱した心理療法。
現在は経験的証拠によるもので学術的な信頼性には欠けるが、神経科学的な分野からその解釈の幅は多岐にわたる。
先駆者: ジョン・グリンダーリチャード・バンドラー
リーディング
外観の観察やわずかな会話から相手の情報を引き出し、話の進め方や相手の反応からこちらのペースに引き込む「釣り的話法」。

 

聞き慣れない言葉やはじめて耳にする言葉も出てきたかもしれませんが、日本ではこういった科学を専門的な学問として解釈していることが多く、普段の生活とはかけ離れたものという思い込みから未だに関心を持たない人が少なくありません。理由は簡単で、これらの知識が入ることでどういった結果が訪れるか知らないからです。

これらの科学は、実生活にどう結びつけるかで本来なら拾うことのできない結果をもたらすことを可能にする効果があります。

 

おわりに

正直、私たちが必要としている心理学の知識やスキルというのは、「心理学」という学問そのものを必要としているわけではなく、その知識やスキルを習得することによって日常生活の中で今後どういう効果が期待でき、どういう局面でそれが使えるかということに尽きるものです。

知識だけ肥やしてそれをアウトプットする場所がないなら、時間を使って習得する理由もその時点で無くなります。だから、関心が持てないのです。

汎用性があって、その知識やスキルを使うことによって良好な人間関係が長期的に維持できたり、物事が合理的かつ効率的に進んでいくようになるからこそ、はじめて時間を使って習得することに価値があると思っております。

当サイトでは単に知識やスキルを提供するだけでなく、その知識やスキルを「どういう局面」で「どう使う」と「どういう結果」に繋がり、その結果「どういう未来が手に入るか」というところまで具体的にイメージができる情報発信を心がけています。また、実際のシチュエーションで起こりうる会話の例や局面を取り上げる場面では、その状況をよりイメージしやすくするために、そのシチュエーションに当てはまる表情の”拭き出し”を使って工夫を入れるようにしました。

それが、「誰もが体験している身近な例をあげ、その技術を今日から使えるよう解説」という言葉に込めた真意なので、いくつか記事をご覧いただき、もしもその内容や発信の仕方に興味を持っていただけましたら、当サイトをご贔屓いただけると幸いです。

 

なお、当サイトで更新される記事は読者様からの質問やご意見がテーマになっている記事もございます。個人による発信となりますので更新は不定期となりますが、もし科学で解決する方法があるのでは?と思われる悩みやご相談がありましたら、下記からお気軽にご意見をお寄せいただければと思います。

人間心理を深掘りするということは人の本質を早期に理解することに繋がり、先に相手に対して理解示す心を持てるようになることで自らも理解されることに繋がります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

CIPHER(サイファー)のトップへ戻る