WordPress

WordPressの公開URLページを一時的にメンテナンス表示などの任意の代替ページに切り替えられる Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd プラグインのインストールと設定

はじめに

WordPressを利用している方の中で、デフォルトのテーマにまったく手を加えずにそのまま使っているという人もいるだろう。

自分でカスタマイズしたり、オリジナリティを出すためにCSSやPHPをいじっている人なら、サイトをパブリックに公開した状態で変更や修正を繰り返すことは、できることならその間はサイトを非公開にしたいと考えてる人もいるはずだ。

サーバーエージェントの無料ブログサービス、アメーバブログもメンテナンス中はすべてのブログと管理画面のアクセスが規制されるが、WordPressでテーマを変更した場合なども、多少の修正は必要になることが多いのはやむを得ない事実である。

不完全または未完成の状態にあるサイトをパブリックに公開することは、普通はやらない。

今回は、メンテナンスやプログラムの書き換え、修正、変更などの際に、その途中経過を一時的に非表示して外部に公開しないプラグイン、Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd について解説する。

Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd とは

公開前のブログやメンテナンス、プログラムの書き換え、修正、変更などの際に任意の代替ページを設定、表示できるプラグインである。

WordPressにログイン中のユーザーにのみ、本来パブリックに公開されるサイトが表示され、それ以外のユーザーには設定した代替ページを指定することが可能だ。

maintenance

不完全または未完成の状態にあるサイトを、一時的に非公開にできるというプラグイン。

Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd プラグインのインストール

Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd プラグイン
> WordPress.org からダウンロード

 

new-plug-in
1. 管理画面 > プラグイン > 新規追加をクリック。

cspmms
2. 検索窓に Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd を入力してEnterをクリック。

cspmms2
3. 作者が SeedProd であることを確認後、いますぐインストール をクリック。

cspmms3
4. プラグインを有効化 をクリック。

cspmms4
5. 設定 > Coming Soon をクリック。

cspmms5
6. Cotent タブから真ん中の Enable Coming Soon Mode を選び、Save All Changes で保存。

cspmms6
7. ロゴ、見出しタイトル、本文を挿入して Save All Changes で保存。いずれも任意。

cspmms7
8. Design タブを選択し、背景色または背景画像を Background Image に挿入し、 Save All Changes で保存。

cspmms8
9. そのまま下へスクロールし、Text 欄で文字色、リンク色、タイトルカラー、フォントの種類を変更後、Save All Changes で保存。

変更は任意であるが、背景色や画像によっては文字が見にくくなっている場合がある。

maintenance2

Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd プラグインは、多くの機能が実装されている。Custom CSSHTML も使えるので、お好みで試してみてはどうだろう。

 

maintenance

メンテナンス、修正、プログラムの書き換えなどを終え、再びサイトを公開( パブリックに戻す )する場合は、Contact タブ > General > Status > Disabled を選択して Save All Changes で保存すればOKだ。

おわりに

この手のプラグインは検索すれば他にもたくさん見つかるだろう。

Coming soon and Maintenance mode ( demo1, demo2 )というプラグインは、公開までのカウントダウンタイマーや購読フォーム、背景に任意の動画を自動再生で差し込むことも可能だ。

ただ、この手のプラグインはあくまでこちらの事情でサイトを一時的に非公開にすることが本来の目的である。

読者やファンの方々は、普段あなたが運営しているサイトに関心があってあなたのサイトに訪問する。

オシャレを追求したり飾ったり、本来あるべきサイトの非公開時間が長くなればなるほど、サイトに対しての不信感が大きくなることは覚えておいたほうがいいかもしれない。

当プラグインでサイトを一時的に非公開にするための代替ページでは、あまり多くのものを突っ込まずに必要最低限に抑え、少しでも早く本来のサイトを公開することが重要だろう。

 

いつもクリックありがとうございます!
@友だち追加
ブログ村
ブログランキング

関連記事

  1. 投稿者スラッグの値を自由に変更!Edit Author Slug…
  2. 固定ページにカテゴリーを設置する方法
  3. WordPressの管理画面に3段階認証のプロテクションをかける…

ピックアップ

  1. Android の指紋認証が危ない!指紋データはすでにハッキングの対象になっている!
  2. 本丸を動かせばすべてが動く
  3. 言葉に逃げると人も離れていく

ライフハック

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. INSTAGRAM
  3. LINE@

脳神経科学

心理学

コミュニケーション

微表情

ボディランゲージ

PAGE TOP