心理学

上司の怒りをなるべく抑える方法

上司から怒りの矛先を自分に向けられたとき、なるべく叱られないためにはどうすればいいだろうか。

今回はその方法を紹介しようと思う。

人には必ず「恐怖」がある。

組織に属している人は社内で縦の関係があると思うが、これをうまく利用すればなるべく叱られない状況に持ち込むことが可能になる。

例えば、あなたの上司が部長で、その部長からなるべく叱られないようにしたい場合、その上司である統括部長または専務との関係を事前に把握しておく必要がある。

いくら部長でも、その上には統括部長、専務、社長、会長など、まだまだ役員がいる。

部長よりも上にいる役員が部長を呼び出しているとき、あるいはその部長が叱られているときに、どの位置から叱られているを確認しておき、部長の上にいる役員が部長から見てどの位置にいるかを把握しておくのだ。

例えば、あなたの椅子が自分から見て上司(左)と部下(右)の間にある場合、右と左では明らかに違う意識が働いているはずである。

 

わたしも中学時代によくやっていたが、授業中に友達からメールが届いたとき、まず誰の視線に隠れようとするかというと、そのとき教壇に立っている先生だ。

なぜなら、授業中に携帯を触っていることが見つかってしまうと、その場で携帯を取り上げられ、家にも報告され、あとあと面倒なことになるからである。

 

これと同じで、社会でも自分が恐怖を感じる場所というのは誰にでもある。

なので、上司に呼び出されたときや叱られるときは、その上司が恐怖を感じる位置に立つようにすれば怒りを半減させることが可能になる。

そんなことで怒りが半減するわけない

と思うかもしれないが、それも無理のない話。ただ、実際にそのときがくればわかることである。

嘘だと思う方はその機会が来たときに試してみてほしいのだが、叱ってくる上司の視線の先に、更にその上司が恐れている上司がいれば、それほど強くは叱ってこないはずである。

もし、上司の近くにその上の上司がいなくとも、あなたが叱られるときはあなたの上司が恐怖を感じている視線の先に立つようにしてみてほしい。

上司の目の前で部下を叱ることは自分のアピールポイントにもなり、出世や昇給に強い関心がある人ほど自分にとっての上司の反応は気になるものである。

1対1で叱られる場合は、事前に上司とその上の役員との関係を調べておくといい。

たったこれだけのことで、あなたに対する上司の対応は変わるはずだ。

いつもクリックありがとうございます!
@友だち追加
ブログ村
ブログランキング

関連記事

  1. 言葉に逃げると人も離れていく
  2. バッグに潜む深層心理
  3. 自分の話をするときは”いつ”を話している…
  4. 自分の意見をとおす心理学
  5. 第三者の声を借りて説得力を3倍に増幅させるウィンザー効果
  6. 3億円の住宅を簡単に売ってしまう消費者心理を知り尽くした営業マン…
  7. よく話す人と話を聞く人 相手の性格を瞬時に見極める観察眼

ピックアップ

  1. 嘘を一瞬で見破る方法があるのですが…
  2. たった3つの規則を意識するだけで読み手のストレスを大幅に軽減する文章テクニック
  3. 数字と人間心理

ライフハック

ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. INSTAGRAM
  3. LINE@

脳神経科学

心理学

コミュニケーション

微表情

ボディランゲージ

PAGE TOP