ミルトン・エリクソンのNOを封じるダブルバインド

NOを封じるダブルバインド

男性

週末、ご飯行かへん?

相手を食事に誘うとき、こんな声のかけ方をしていないだろうか。

残念ながら、この誘い方では断られるケースのほうが多くなる。

今回は、相手を誘う際に少しの工夫を入れるだけで、こちらの要求を断りにくくするテクニックを紹介しよう。

選択肢を与えない

週末、ご飯行かへん?」は、相手に答えの選択肢を3つも与えることになる。

  • 行く
  • 考えとく
  • 行かない

どれでも返せる。

「考えとく」は体(てい)のいい「NO」なので、言われた時点で「行かない」と言われているのと変わらない。

相手の選択肢から「NO」を消してしまう方法、それが今回紹介する「YES」の中から選ばせる方法だ。

ミルトン・エリクソン

これは、アメリカの有名心理学者であるエリクソン催眠療法のために拡大させたダブルバインドというテクニックで、相手とすでにご飯に行ける仲であることを前提とした場合、

男性

週末、ご飯行かへん?

ではなく、

男性

週末、誘いたい店があるから空けといて

または、

男性

心斎橋にイタリアンとカフェが新しくできてん。イタリアンがいい?それともカフェがいい?

「行く」ことを前提とすれば、「行く」「行かない」という質問は消え、「いつ行く?」「どこに行く?」となる。

「NO」を選べない質問、すなわち選択肢から「NO」を排除することで、自分の希望がとおりやくなるという方法だ。

ただ、単独でいきなり使ってしまうと相手は「えっ?」と黙るか、「今は答えられない」と言うかもしれない。

なので、これを回避する手段として別の会話の中で相手が首を縦にふる(確実に同意する)質問をいくつか重ねた後で使うと効果が得られやすくなる。

男性

Q. この前、お酒好き言うてたっけ?

A. うん、好き。

女性

男性

Q. 確か、ビールよりもウイスキーが好き言うてたよね?

A. うん、めっちゃ好き。

女性

男性

Q. カウンターで飲む、あの雰囲気が好きやねんな?

A. そうそう、カウンターのほうが落ち着くねん。

女性

男性

Q. カウンターて、ビールよりもウイスキーのイメージが強いわ。

A. 確かに

女性

男性

Q. 夜景が見下ろせて、入り口から21mカウンターが続くバーでウイスキー飲めたら幸せ?

A. 幸せー!そんなとこあるん?!行ってみたい!

女性

男性

あるよ、いつ行く?

まとめ:ダブルバインド

行ってみたい」と言ってしまった手前、そのタイミングで誘われると断りにくくなるのが人間。

同意や承諾が続けて重なると、「NO」と言いにくくなる性質を利用した方法である。

シンプルかつすぐにできる方法なので、ぜひ試してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はシステムによって弾かれますのでご注意ください。