たった3つの規則を意識するだけで読み手のストレスを大幅に軽減する文章テクニック

3つの規則で文章力が上がる

自分の伝えたいことを言葉でうまく表現できない自分の文章に、ストレスを感じたり苛立ちを覚えたことがないだろうか。

もしあるなら、文章が長くなればなるほどそのストレスやイライラは大きくなり、読み返すとまとまりがなく、どこから手をつけていいかさえわからなくなっているかもしれない。

もしあなたが文章を書くときの基本を知らないのであれば、今回お伝えするたった3つの規則を意識するだけであなたが書く文章は劇的に改善され、まるで別人が書いたかのようにかなり読みやすい文章ができあがるだろう。

この記事を最後まで読んでいただいたあとに、以下に記述する3つの規則を意識して文章を書いてみてほしい。

今までとは明らかに違う自分の文章に出会えるはずだ。

今すぐ文章力を上げる3つの規則

文章を書くときは、読み手にストレスを与えない文章を書かなければならない。

自己満足で書いているのならいいが、読んでもらうための文章を書くときは、読み手に与えるストレスが離脱の原因になるからだ。

スラスラ読めて、読んでいる横からその情景やシチュエーションが頭の中に描写されるような文章が理想的である。

難しく聞こえるかもしれないが、ポイントさえ外さなければ誰でも書ける。そしてそのポイントは、次のわずか3つしかない。

  1. 一文はできるだけ短くする
  2. 漢字を多用しない
  3. 同じ語尾は2回までに抑える

以上である。

では、細かく見ていくことにしよう。

一文はできるだけ短くする

読みやすさを維持したまま長い文章を書くのは、慣れればうまく書ける。しかし、いきなりやろうとしてもこれは難しい。

足し算引き算を覚えないうちに、掛け算割り算に手を出すのと変わらないだろう。

無理に書こうとすると、話が右往左往し、改めて読み返してみると何が言いたいのかよくわからない文章になっていることもあるはずだ。

原因は単純で、自分が言いたいことや書きたいことをその一文でまとめようとするからである。

私も最初はむちゃくちゃで、自分で書いた文章にイライラする時期があったのを覚えている。一文を短くするようになってからうまく書けない原因が少しずつ見えてくるようになり、なんとかここまで書けるようになった。

そこで、何も考えずに下記の文章を読んでみてほしい。そして、素直にどう感じたか自分に問いかけてみよう。

男性

私のメルマガ読者が人より多い理由は2つあるのですが、
そのひとつはすべてのSNSと連携し自動化している事で、
もうひとつは、読者の質問や意見すべてに答えている事、
また、それらに期限も設けていません。

本を何冊も読み込んできている人や活字に慣れている人はあまり気にならなかったかもしれない。しかし、そうでない人にとっては、言っていることはわかるが、何となくボヤけて聞こえているような感覚になっているはずである。

一文が長い文章を添削する

男性

私のメルマガ読者が人より多い理由は2つあります。
ひとつは、すべてのSNSと連携し自動化している事。
もうひとつは、読者の質問や意見すべてに回答している事です。
また、それらに期限も設けていません。

わずか4行の程度の同じ文章だが、後者のほうがスッと入ってきたはずである。

一文が長くなる主な原因は内容が整理されていないか、伝えたいことがまとまっていないかのいずれか。一文を短くするだけでかなり読みやすくなるので、ぜひ試してみてほしい。

漢字を多用しない

漢字が入りすぎると文章に圧迫感が出るようになる。

これは文章の規則というより、読む以前に

  • 読みにくそう…
  • わかりにくそう…

男性

といったネガティブなイメージを与える心理的な問題である。

漢字が多い文章は読むスピードを遅らせることがストレスの原因になる。スラスラ読める文章にするためにも、漢字とひらがなのバランスはかなり重要なポイントになることを覚えておこう。

これも例文を出してみるので、比較してみてほしい。

男性

文章を書く時は、漢字を多用しない事が重要です。
何故なら、漢字が多い文章は読み辛いだけで無く、
読者に圧迫感を与える原因に為るからです。
平仮名の中に漢字が混ざる位が丁度良いです。

男性

文章を書くときは、漢字を多用しないことが重要です。
なぜなら、漢字が多い文章は読みづらいだけでなく、
読者に圧迫感をあたえる原因になるからです。
ひらがなの中に漢字が混ざるぐらいがちょうど良いです。

漢字とひらがなのバランスを考える

一般的に、一文はひらがな7割、漢字3割がちょうど良いと言われている。

ひらがなと漢字のバランスがいい文章は読みやすいだけでなく、理解されやすい文章にもなることを覚えておこう。

知的に見せる必要はない
難しい漢字や見慣れていない漢字を使うとカッコよく知的なイメージを抱くかもしれない。しかし、読者がその漢字を読めなかったり、読めても意味がわからなかったりすると、ストレスのほうが勝ってしまい完全に逆効果になる。

意味がわからなくなったり、理解できなくなったりした瞬間に読み手は離脱を考えるようになる。小学生でもわかる簡単でシンプルな文章を心がけよう。

ひらがなと漢字のバランスはそのひとつと言える。

同じ語尾は2回までに抑える

「です」「ます」などの同じ語尾が3回以上続くと、単調でしっくり刺さらない文章になる。

読んでいてイラッとすることが多いと感じたときは、語尾を疑ってみよう。

男性販売員

これが最新のAndroid携帯です。
以前より処理速度が速いです。
動画の再生もサクサクです。
さらに1年間の保証付きです。
2台以上購入で1台半額です。

たとえ短い文章でも、これだけ「です(同じ語尾)」が続くと単調で機械的な印象を受けてしまう。

同じ文章でも、語尾に少し工夫を入れるだけで文章にメリハリが出るようになることを覚えておこう。

女性販売員

これが最新のAndroid携帯。
以前より処理速度が速いです。
動画の再生もサクサク動きます。
さらに1年間の保証付き。
2台以上購入で1台半額です。
MEMO
同じ語尾はできるだけ続けず、続いたとしても2回までに抑えると単調な文章を防ぐことができる。どうしても続きそうな場合は「体言止め」などを使ってメリハリを出すと文章のリズムを維持することが可能だ。

以上が文章を書くときに注意すべきもっとも基本的な3つの規則である。

まとめ:今すぐ文章力を上げる3つの規則

今すぐできる文章力を上げる3つの規則を紹介した。これらはテクニックというよりは規則の一例なので、すぐにアウトプットできるだろう。

私もここからスタートして、ユニークユーザー、ページビュー、精読率、すべてが右上がりに動きだすきっかけになった。あなたがブログを所有しているなら、過去の記事を見直してストレスを感じたところをリライトしてみてもいいかもしれない。

  • 一文はできるだけ短くする
  • 漢字を多用しない
  • 同じ語尾は2回までに抑える

たったこれだけのことで、自分の文章に大きな変化を体験できるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿はシステムによって弾かれますのでご注意ください。